現在「ご注文はこちら」「Webからお問合せ」からのフォームが使えない状態となっております。
当面、書籍・雑誌のご注文は、電話かFAXにてお願い致します。 大変お手数をおかけいたしますが、よろしくお願いいたします。

豚・馬・小動物の専門情報 アニマル・メディア社【TOP】 > マガジン【インフォベッツ】 > 【インフォベッツ】193号

豚(養豚)・馬・小動物の専門情報誌のバックナンバーを掲載【マガジン】

よりよい小動物医療環境の創成をめざす臨床情報誌【インフォベッツ】(infoVets)

よりよい小動物医療環境の創成をめざす臨床情報誌【インフォベッツ】をご紹介致します。

2018.05.15 発行

【インフォベッツ】193号

<特集>変性性脊髄症の臨床と今後

わが国における変性性脊髄症(DM)発生は、ウェルシュ・コーギー・ペンブロークに多いと報告されていますが、本症はジャーマン・シェパード・ドッグ、ボクサーなどの大型犬種に発症する慢性進行性の脊髄疾患で、これまでに16犬種で発症が確認されています。効果的な治療法がなく、理学療法や自宅での介護が中心となるこの疾患では、臨床診断による早期発見が飼い主への本疾患の対応法を指導する機会を増やし、その後の患者のQOLを向上させるカギとなります。 今回は、DMの臨床と今後の展望について岐阜大学の木村慎太郎先生・神志那弘明先生に、遺伝的背景について鹿児島大学の大和修先生にご執筆いただきました。近年増加するDM診療の一助となる1冊です。

  • ▼変性性脊髄症の臨床と今後を考える…木村慎太郎、神志那弘明
  • ▼犬の変性性脊髄症(DM)の遺伝的背景〜DM関連変異とその遺伝子型検査の真意…大和 修
    • <新連載>

      • ▼はじめから学び直す臨床検査
        [第1回]病気とはなんだろう、健康とはなんだろう、そして臨床検査とはなんだろう?…松木直章
        • <連載>

          • ▼臨床薬のトピックス
            [第2回]副作用を有効活用する ドラッグリポジショニング② 
            消化器薬のドラッグリポジショニング…塚本篤士
          • ▼犬と猫の糖尿病・診断から治療まで
            [第6回]より実践的な血糖コントロールテクニック~上手くいかない症例の攻略方法~…長谷川 承
          • ▼検査結果を読み解こう~診断そして治療へ
            [第8回]肝臓の値が高いのはなぜ?(後編)…島田優一
          • ▼犬統計~数字から知る犬の疾患~
            [第8回]循環器疾患…兵藤未來
            • <Study>

              • ▼僧帽弁閉鎖不全症の診断&治療アップデート…高野裕史
              • ▼犬の炎症性疾患におけるサイトカインTNF-αの産生とTNF-α遺伝子に存在するマイクロサテライトの多型との関連…渡辺 征
              • ▼「うちの子、口が臭いんです!」シニア期の犬に対して動物看護師が勧められるデンタルケア…井立由起子、原田 久、大脇将夫、太田亟慈