豚・馬・小動物の専門情報 アニマル・メディア社【TOP】 > マガジン【ピッグジャーナル】 > 月刊【ピッグジャーナル】2014年4月号

豚(養豚)・馬・小動物の専門情報誌のバックナンバーを掲載【マガジン】

鍛えろ経営力!養豚ビジネス活力マガジン【月刊ピッグジャーナル】

鍛えろ経営力!養豚ビジネス活力マガジン 月刊【ピッグジャーナル】をご紹介致します。

2014.04.15 発行

月刊【ピッグジャーナル】2014年4月号

<座談会>豚肉の価格は自分で決める!

「ブランドとは自分の売りたいものの価格を自分で決めることができることである」と言われる。
「農業は六次産業化の時代」というお題目が流行っているところではあるが、養豚はそもそもと畜場と卸売業者を介した流通の在り方が前提であることや売る側としては1頭ごとだが実際に取引されるのは部位ごとであることなど、生産者が参入しにくい業種であるとも言える。また餅は餅屋ということで生産者には商売の経験がないことから、失敗する事例も多い。
しかし「豚肉をつくる」という意識や「自分のつくった豚肉が確実に買える場所がある」ということが生産へのモチベーションや新たな展開につながること、市場出荷にしても相対取引にしても、「売り」を意識していかなければ厳しい時代であることも事実である。
直売に足を踏み出している経験について、直売を行わない農家にとっても「豚肉の消費拡大」、「豚肉の売り」の面から参考になることも多いのではないだろうか。

  • ・豚肉の価格は自分で決める!…(有)ベネット・青木隆夫、(有)石川養豚場・石川安俊、高源精麦(株)・高橋 誠

特報

  • PED一色に染まった2014年AASV学会…大竹聡

今さら人にきけない繁殖のQ&A 95

  • ・PED感染で子豚がいなくなった場合の母豚管理…伊東正吾

連載/豚舎・設備のお悩み解決!⑭

  • ・クモの巣の上手な掃除の仕方…熊谷 隆

連載/世界の養豚情勢を見てみよう⑮

  • ・PEDウイルス蔓延やそのほかにある様々な問題にもかかわらず、アメリカの養豚家は未来を楽観視している…チャンドラ・阿部 智佳子

連載/デンマーク養豚技術アラカルト④

  • ・SWAP-母豚福祉と新生子豚の保護…砂川 徹

連載/グローバル時代の豚肉産業 52

  • ・TPPと豚肉の機能性成分…高橋 寛

アメリカ養豚栄養レポート③

  • ・米国のPEDがカナダに伝播した拝啓…林哲志

連載/世界の養豚研究最前線⑨

  • ・哺乳豚における大腸菌およびクロストリジウム属菌に対する飼料中卵黄抗体(IgY)の有効性…訳:布施雄士

列島養豚フォーラム 105

  • ・浮腫病とレンサ球菌症…矢原芳博
  • ・石灰による農場防疫…水上佳大
  • ・PEDウイルスの排せつ期間…石関紗代子
  • ・再度確認、洗浄と消毒…食環境衛生研究所

セミナーレポート

  • ・抗菌性物質利用の人へのリスク管理を討議…農水省

トピックス

  • ・PEDの感染が止まらない!…編集部

連載/海外養豚情報

  • ・肥育豚生産費用を減少する(その2)…前川勝文

連載/アメリカ養豚研修レポート③

  • ・タンパク質合成とアミノ酸栄養の概念、大豆ミール…アメリカ大豆輸出協会

Monthly Feed Surveillance

  • ・PEDの飼料需給への影響は見られず。トウモロコシ供給源は米国に集中…村林雄二

連載/魅惑のピッグワールド104

  • ・豚とアレルギー…ケロリーヌ伊藤

The Pig News April 2014

今月の指標

資材トピックス

広告一覧・編集後記