現在「ご注文はこちら」「Webからお問合せ」からのフォームが使えない状態となっております。
当面、書籍・雑誌のご注文は、電話かFAXにてお願い致します。 大変お手数をおかけいたしますが、よろしくお願いいたします。

豚・馬・小動物の専門情報 アニマル・メディア社【TOP】 > 豚・馬・小動物に関するニュース情報 > ニュース情報個別記事

豚(養豚)、馬、小動物に関する専門情報を掲載【ニュース情報】

ニュース

2012.02.18
週刊PIG EXPRESS VOL.647発行しました。【記事あり】

PIG EXPRESS 2月3週号 Vol.647 2月18日(土)

AD清浄化へのラストチャンス逃すな!
~24年度でワクチン技術料等への助成終了前に~

農水省消費・安全局動物衛生課はこのほど、2月1日付のオーエスキー病清浄化の進捗状況を公表した。ADが浸潤しているのは関東・東北と南九州の13都県で、13都県の合計864に分けられた地域区分(清浄化単位)のうち、ワクチン接種を推進しなければならない地域がいまだ46.3%に当たる400地域も存在する。動物衛生課はワクチン技術料等への助成事業を平成24年度中で打ち切る方針を示しており、この期間内でのAD撲滅達成は、農場防疫の確立、国際競争力の強化が求められる国内養豚の命運をかけた事業であり、その“やる気”を問う試金石でもある。もし、撲滅を断念することになれば、ここまで努力して清浄化を達成した農場・地域は再感染のリスクを背負い続けることになり、漫然と個別対応でワクチンが打たれる状況となれば、今でこそなりを潜めているADウイルスが再燃し、これまでウイルスの浸潤を免れてきた県への伝播の危険性も高まってくる。浸潤県の問題としてだけでなく、業界全体として、少なくとも半ば以上は追い詰めてきているかつて猛威をふるった病気の処遇を最終決断する時期にきている。

関東に比べ南九州の清浄化に遅れか
~周辺状況から接種中止時期見極める状況も~