現在「ご注文はこちら」「Webからお問合せ」からのフォームが使えない状態となっております。
当面、書籍・雑誌のご注文は、電話かFAXにてお願い致します。 大変お手数をおかけいたしますが、よろしくお願いいたします。

豚・馬・小動物の専門情報 アニマル・メディア社【TOP】 > 豚・馬・小動物に関するニュース情報 > ニュース情報個別記事

豚(養豚)、馬、小動物に関する専門情報を掲載【ニュース情報】

ニュース

2012.09.15
週刊PIG EXPRESS VOL.663発行しました。【本文あり】

PIG EXPRESS 9月3週号 Vol.663 9月15日(土)

米国トウモロコシさらに減産の予想
~単収122.8ブッシェルで生産量107億ブッシェル~

9月豚事協の稲吉氏、飼料改革の必要訴える
~原料・飼料形状の変更から価格安定制度廃止~

日本養豚事業協同組合(豚事協)の稲吉弘之理事長(JPPA代表副会長)はこのほど、委託配合飼料を組合員に供給する立場から、現下の飼料高騰への対応として、①原料の変更、②飼料形状の変更、③飼料をめぐる新たなセーフティネットの構築、など「思い切った取り組み」を実行していく考えを明らかにした。とくに原料の変更は、全豚の自家配運動を継承する形で豚事協がこだわってきた“丸粒原料を使ったトウモロコシ・大豆粕型飼料”から大きく方針転換して飼料用小麦の積極利用を目指すもの。JPPAと一体となって飼料用小麦の国家統制品目からの除外を求めていくとした。また、飼料をめぐるセーフティネットについては、配合飼料価格安定制度を廃して、飼料高騰時の保証を“全国肉豚基金”)に組み込むという持論を展開した(月刊『ピッグジャーナル』の座談会で発言。同9月号に詳報)。

最高裁がナリタフーズの上告を棄却
~被告の差額関税制度の違憲主張退ける~