現在「ご注文はこちら」「Webからお問合せ」からのフォームが使えない状態となっております。
当面、書籍・雑誌のご注文は、電話かFAXにてお願い致します。 大変お手数をおかけいたしますが、よろしくお願いいたします。

豚・馬・小動物の専門情報 アニマル・メディア社【TOP】 > 豚・馬・小動物に関するニュース情報 > ニュース情報個別記事

豚(養豚)、馬、小動物に関する専門情報を掲載【ニュース情報】

ニュース

2013.05.15
インフォベッツ163号発行しました。

<特集>インターフェロンを再考する

約60年前、日本人によって、ウイルス感染を抑制する生体内物質として見出された、インターフェロン(Interferon:IFN)。IFNは病原体(とくにウイルス)や腫瘍細胞などの異物の侵入に対して動物体内のさまざまな細胞が分泌する糖蛋白質であり、ウイルス増殖の阻止や細胞増殖の抑制、免疫系および炎症の調節などの働きをするサイトカインの一種であることが明らかにされている。本特集では、IFNの薬理、これまでに猫のウイルス病に応用されたIFN療法に関するレポートのミニレビュー、抗腫瘍免疫反応を著しく増強する樹状細胞(DC)とIFN-γを併用した犬腫瘍に対する治療効果、猫の鼻炎症状に対するIFNについて、犬アトピー性皮膚炎に対する組換え型犬インターフェロン-γ療法、耳血腫を有する犬の症例に対するIFNの局所注入による治療の概要について紹介する。