現在「ご注文はこちら」「Webからお問合せ」からのフォームが使えない状態となっております。
当面、書籍・雑誌のご注文は、電話かFAXにてお願い致します。 大変お手数をおかけいたしますが、よろしくお願いいたします。

豚・馬・小動物の専門情報 アニマル・メディア社【TOP】 > 豚・馬・小動物に関するニュース情報 > ニュース情報個別記事

豚(養豚)、馬、小動物に関する専門情報を掲載【ニュース情報】

ニュース

2013.09.15
インフォベッツ165号発行しました。

<特集>DIC 播種性血管内凝固症候群

重篤で致死的な疾患の1つである、播種性血管内凝固症候群(disseminated intravascular coagulation:DIC)は、単一の疾患ではなく、さまざまな基礎疾患に続発するため、その病態は複雑である。悪性腫瘍、膵炎、敗血症、免疫介在性溶血性貧血、熱中症、外傷、ショックなど、さまざまな疾患に伴って発症するが、犬や猫においてDICの基礎疾患としてもっとも多いのは悪性腫瘍であると報告されている。DICは腫瘍治療を困難にするばかりでなく、それ自体により死亡することも少なくない。本特集では、日常診療を行ううえでDICに対応するために知っておくべきその病態、診断、治療、固形腫瘍によるDICの発生機序・発生状況、DIC治療における基礎疾患治療の重要性、また、DICを伴う免疫介在性溶血性貧血(IMHA)の犬、急性膵炎およびDICと診断された犬、DICを併発した血管肉腫の犬における症例報告を紹介する。