豚・馬・小動物の専門情報 アニマル・メディア社【TOP】 > マガジン【インフォベッツ】

豚(養豚)・馬・小動物の専門情報誌のバックナンバーを掲載【マガジン】

よりよい小動物医療環境の創成をめざす臨床情報誌【インフォベッツ】(infoVets)

よりよい小動物医療環境の創成をめざす臨床情報誌【インフォベッツ】をご紹介致します。

お得なCD-R版 infovets記事データベースもご用意しています! INFOVETS 年間購読
2017.03.15 発行

【インフォベッツ】186号

A4判/88ページ
3,024円(税込、送・手数料380円)

<特集>ステロイドに頼らない犬アトピー性皮膚炎治療

犬アトピー性皮膚炎の治療に際して、飼い主が自分の犬に対してグルココルチコイドを含めた >>続きを読む

2017.01.15 発行

【インフォベッツ】185号

A4判/104ページ
3,024円(税込、送・手数料380円)

<特集>視覚障害を眼科から、そして神経科からとらえる

眼の異常を主訴に来院するケースは少なくありませんが、その異常の原因がどこにあるかを >>続きを読む

2016.11.15 発行

【インフォベッツ】184号

A4判/88ページ
3,024円(税込、送・手数料380円)

<特集>治そう! 短頭種気道症候群

短頭種気道症候群は、複数の病変が絡み合い上部気道閉塞という1つの病態をつくりあげます。明確な病名として、外鼻腔狭窄、軟口蓋過長症、 >>続きを読む

2016.09.15 発行

【インフォベッツ】183号

A4判/120ページ
3,024円(税込、送・手数料380円)

<特集>犬の前立腺疾患を見逃さない

犬の高齢化が進むなか、高齢性疾患の1つとして前立腺疾患も増加傾向にあります。前立腺疾患は、前立腺肥大症、前立腺嚢胞、前立腺炎、前 >>続きを読む

2016.07.15 発行

【インフォベッツ】182号

A4判/96ページ
3,024円(税込、送・手数料380円)

<特集>犬の胆泥は治療すべきか

犬の胆泥・胆嚢疾患は、超音波検査の診断手技や機器の向上により、臨床現場において遭遇する機会が増えています。この胆泥に対し、>>続きを読む

2016.05.15 発行

【インフォベッツ】181号

A4判/120ページ
3,024円(税込、送・手数料380円)

<特集>徹底攻略 犬の免疫介在性溶血性貧血

貧血は犬でしばしば遭遇する血液異常ですが、代表的な原因としては出血、感染症、免疫介在性疾患、腫瘍、玉ねぎ中毒、播種性血管内凝 >>続きを読む

2016.03.15 発行

【インフォベッツ】180号

A4判/152ページ
4,104円(税込、送・手数料380円)

<特集>抗菌薬を正しく使おう

近年、感染症疾患は減少していると言われていますが、日々の臨床において、抗菌薬を処方する症例は変わらず減っていないのではないで >>続きを読む

2016.01.15 発行

【インフォベッツ】179号

A4判/96ページ
3,024円(税込、送・手数料380円)

<特集>

免疫系は、自己と非自己を区別し、非自己を体内から排除するシステムであり、この働きによって生体はがんや感染症といった疾病を免れ >>続きを読む

2015.11.15 発行

【インフォベッツ】178号

A4判/96ページ
3,024円(税込、送・手数料380円)

<特集>犬の膵炎2015

犬の膵炎は、複数の膵特異的なリパーゼが使用可能になったことから、診断については大きな進歩を遂げましたが、いまだしっかりとした >>続きを読む

2015.09.15 発行

【インフォベッツ】177号

A4判/96ページ
3,024円(税込、送・手数料380円)

<特集>てんかんを治療する

近年、獣医療において使用可能な抗てんかん薬が増加し、最適な治療法を症例ごとに考え、選択できるようになりました。しかし、逆に >>続きを読む

2015.07.15 発行

【インフォベッツ】176号

A4判/128ページ
3,024円(税込、送・手数料380円)

<特集>高齢動物の口腔管理

近年、ペットの寿命が伸びるとともに高齢化に伴う疾患が増加していますが、口腔内疾患はその最たるものです。とくに歯周病に関して >>続きを読む

2015.05.15 発行

【インフォベッツ】175号

A4判/112ページ
3,024円(税込、送・手数料380円)

<特集>猫の動脈血栓塞栓症

猫の動脈血栓塞栓症(ATE)は、遠隔地で生じた血栓が血流に乗り、突如動脈の塞栓を引き起こすことによって起こる致死率の高い疾患で >>続きを読む

2015.03.15 発行

【インフォベッツ】174号

A4判/96ページ
3,024円(税込、送・手数料380円)

<特集>光を用いた治療最前線

医療にとってレーザーは欠かすことのできない存在になっている。これまでに多種多様なレーザーが開発され利用されているが、医療にお >>続きを読む

2015.01.15 発行

【インフォベッツ】173号

A4判/84ページ
3,024円(税込、送・手数料380円)

<特集>ファンコーニ症候群

ファンコーニ症候群の病態は、腎機能不全ではあるが、いわゆる日常診療内でよく遭遇する糸球体機能不全とは全く異なる病態であり、治 >>続きを読む

2014.11.15 発行

【インフォベッツ】172号

A4判/88ページ
3,024円(税込、送・手数料380円)

<特集>神経学的反射検査・脊髄編~画像診断へ導くために

脳病変とは異なり、脊椎・脊髄疾患ではかならずしも断層撮影が必須の検査とはならない。むしろ、単純X線検査や脊髄造影検査の段階で >>続きを読む

2014.09.15 発行

【インフォベッツ】171号

A4判/88ページ
3,024円(税込、送・手数料380円)

<特集>神経学的反射検査・脳神経編~画像診断へ導くために

近年CT、MRIといった断層撮影の普及により、神経疾患、とくに中枢性神経疾患の診断率は日増しに高まってきているが、その結果として >>続きを読む

2014.07.15 発行

【インフォベッツ】170号

A4判/88ページ
3,024円(税込、送・手数料380円)

<特集>炎症性腸疾患(IBD)最前線

ヒトおよび犬の双方において炎症性腸疾患(IBD)という病態は存在し、同一の疾患名が用いられているために混乱を生じているが、その >>続きを読む

2014.05.15 発行

【インフォベッツ】169号

A4判/88ページ
3,024円(税込、送・手数料380円)

<特集>猫特発性膀胱炎と問題行動

原因が特定できない猫の膀胱炎は、通常、猫特発性膀胱炎(FIC)と診断されるが、臨床症状発現までにはさまざまな要因が絡んでいると >>続きを読む

2014.03.15 発行

【インフォベッツ】168号

A4判/88ページ
3,024円(税込、送・手数料380円)

<特集>甲状腺機能低下症

甲状腺機能低下症は、高齢の犬でしばしばみられる内分泌疾患である。診断については多くの場合曖昧であり、意外な臨床症状が実は >>続きを読む

2014.01.15 発行

【インフォベッツ】167号

A4判/96ページ
3,024円(税込、送・手数料380円)

<特集>アレルギーを臨床から学ぶ

アレルギーとは、免疫反応が過剰に作用することで本来の防御作用とは異なった反応を起こすことを指す。これまで小動物獣医学領 >>続きを読む